カテゴリー別アーカイブ: 美白になる方法

美白になるために必要なこと!貴女の本当の美白とは?

スキンケアの永遠のテーマは美白です。
これは、肌を白くするのではなく、白い肌を目指すことが定義とされています。

白くするのなら漂白剤などで行うことができます(実際にはできませんが)。
肌の漂白剤と言われるハイドロキノンがあります。
これでケアをすると、白くすることができますが、刺激が強いため日本で商品になっているものは配合がとても少ないです。
それでも、その人が持つ最高の白さを保つことができますね。

本来の美白をしたいという方は、日焼け止めクリームなどを使って紫外線を浴びないことや基礎化粧品の中に不足している美白成分を取り入れることです。

そこで、自分の白さはどのくらいなのか、不足している成分(コラーゲンやヒアルロン酸など)なになのかを知ることでしょう。

いろいろな美容法もありますが、クリニックやエステで、専門家での施術も有効です。
民間療法的な緑茶パックなどよりも、美容成分の多いパック、スペシャルケアとしてのピーリングなどがオススメです。

しかし、このようなケアの場合、必ずアフターケアを完全にしないと、美白できない、帰ってシミを作ることもあります。
自分に合うスキンケアと基礎化粧品とその方法をきちんと見極めること、必要以上に白さを求めないことが大切です。

オススメコスメなどの商品も目にしますが、自分に合わなければマイナスです。
同時に食事にも目を向けましょう。
ビタミンCを含む食材、シミに効果的なビタミンB2、ビタミンEや良質なタンパク質を積極的に食べて、睡眠時間をしっかり確保することも美白には必要なことです。

美白になりたい!どうすればいいの?

美白って憧れますよね。白雪姫のようなしっとりふっくらほっぺにスベスベの白肌…そしてほんのり紅いほっぺ。
美白になるには相当な努力が必要のようですが、どうすればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

できれば化粧品には頼りたくない!という地道な努力する人もいますよね。
もちろん、美白化粧品に頼らない方法はあります。しかし、それは地道な努力が必要です。

美白になるために効果のある美白効果のある食べ物をご紹介します。HT107_350A

【はちみつ】

はちみつはハチが生み出した人にとっては嬉しい恵の食材です。
L-システインという成分がお肌を白くする力があるようです。はちみつだけでなく大豆、小麦胚芽にも含まれているようです。

【トマト】

トマトにはリコピンというものが含まれています。このリコピンが含まれているのは、なんとトマトだけです。

ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つと言われているので、

若々しくお肌を保ちたい人にはオススメ。しかも、加工すればその作用が活性化されるのでさらに効果アップなんだそうです。

【アスタキサンチン】

アスタキサンチンは富士通のアスタリフトにもある赤い成分です。
このアスタキサンチンは、サケ・タイ・海老・カニ・イクラなどの甲殻類や赤い身を持つ魚などに含まれています。メラニン抑制作用があるので、
お肌のダメージも修復してくれます。

【エラグ酸】

エラグ酸はザクロやベリー系に含まれて入いるポリフェノールの一種です。強い抗酸化作用を持っていて細胞の老化を抑制してくれます。

メラニンの抑制効果もあることから美白化粧品にも使用されていることがあります。

Vライン脱毛ってどれぐらいで終わる?

そろそろ暑くなってきたころですね。こんなにも暑いと海やプールに行きたくなってきますよね。私も今年は海へ行くので、水着がほしいなと思うんです。

でも、一つどうしようもない悩みが…。
水着は選べばいいじゃないですか~。

ふとお風呂に入って自分の下をみたとき。
「うわ~こんなモジャモジャじゃ恥ずかしいかも…」と思ったんです。

このアソコの毛をアンダーヘアという呼び方をするらしいんですが、
アンダーヘアがモジャモジャだとやっぱり恥ずかしいですよね。

剃っても数日したら生えてくるし、チクチクして痛い(´Д⊂ヽ。

そこでどうにかしてこのショーツラインの毛をなくすことができないかと探していた時、ミュゼのVライン脱毛を見つけたんです。

ミュゼといえば、CMや電車広告などで有名なあのミュゼプラチナム!
脱毛専門サロンとしては売上ナンバーワンらしいんです。

ミュゼはリピーターも多いらしく、施術も丁寧で。しかも肌がプルプルになるんだとか。痛くもないらしいし、これは期待!と思ったんです。

ミュゼのVライン脱毛の良いところは、なんといっても脱毛し放題プランがあるところ!ワキ脱毛し放題もありますが、Vライン脱毛し放題は嬉しいと思います。

Vラインの脱毛ってワキ並にけっこう毛が濃いんで、6回じゃ終わらない。
という話はよく聞きます。なので、脱毛し放題はうれしいところ。

少なくとも10回ぐらいはやっていたほうが、キレイになるというのを
ウワサでも聞くので、迷わず申し込んじゃいました★

一番の近道は皮膚科ドクターに相談

美白と聞くと、エステサロンや高級美白化粧品を思い浮かべますが、やはり王道の専門家、皮膚科のドクターに診察してもらう事が一番の近道です。
そんな事で病院なんてと思うかもしれませんが、肌がくすんできたりシミができてきたりと以前と違う肌質に悩むのであれば、まず専門家に聞いてみましょう。
いいドクターであれば、きちんと診察をし適切なアドバイスをしてくれます。レーザー所有の病院であれば、シミをとってくれたり、またその処置後のケアもしてくれますし、日常のアドバイスもしてくれます。
002
また、皮膚科ドクターとしておススメの美白化粧品を教えてくれたり、場合によってはお薬も処方してくれます。

おススメの美白化粧品は何も高額なものばかりでなく、ドラッグストアで購入できる物でもドクターがいいと思う物を教えてくれます。

そんなドクターに教わった一番のおススメ化粧品は…
大塚製薬の化粧品 インナーシグナル リジュブネイトエキス
ドクター曰く「シミにはこれが効きます」なんと頼もしいお言葉
ただし、やはり一度シミになったお肌をもとに戻すには40日以上はかかるとの事。効果を確かめるには同じ条件で(日中の自然光などで)写真を撮るといいそうです。くすみ、シミなどの美白だけでなく、お顔の表情もチェックできそうですね。
やはり美白を保つには、日々の日焼け止め、十分な保湿に勝る美白法はやはりないのかも…

通常の化粧水は
ビオレ うるおい弱酸水 しっとり
がおススメだそうです。これをつけて美容液やクリームをつけると、少量でもスーッとなじみます。顔だけでなく、全身に使えます。
効果を確かめるには同じ条件で(日中の自然光などで)写真を撮るといいそうです。くすみ、シミなどの美白だけでなく、お顔の表情もチェックできそうですね。
シミを作ってしまったら、気長に傷を治すつもりで取り組む事が必要ですね。